建築・デザイン

カラーコンクリートとはなにか?特徴や塗装との違いを徹底解説

コンクリートはその美観性と実用性から商業施設・公共スペース、住宅など様々な建築物に使われています。
近年では、コンクリートの美的な側面が再評価され、コンクリートの質感を建物全体のデザインに取り入れた建築物も多く見受けられます。コンクリートを塗料で塗装し保護することは一般的に行われていますが、「カラーコンクリート」のように、コンクリートの風合いをデザインに活かすため、クリア塗装や無機顔料により着色する方法もあります。

今回はカラーコンクリートについて解説します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モールテックス完全ガイド:メリット・デメリットとは?【2024年最新版】

近年、建築とインテリアデザインの世界では、モールテックスという素材が注目を集めています。このベルギー発のコーティング材料は、そのユニークな美的魅力と実用性で、デザイナーや建築家から高い評価を受けています。本マガジンでは、モールテックスのメリットとデメリットを深掘りし、この素材がなぜこれほどまでに人気なのか、その理由を探ります。2024年最新版として、最新の情報とトレンドを取り入れ、モールテックスを検討中の方々に役立つ情報を提供します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ推奨!カラーモルタル仕上材おすすめ5選を徹底比較

日本では1980年代後半~1990年代初頭にかけてバブル景気になり、その頃にコンクリート打ち放しの建築物が流行しました。それから時は30年経て、昨今の建築業界では店舗等の内装を中心に、コンクリートやモルタルのテクスチャー(材料の質感や感触、表面の様子)を活かした建築材料が人気を博しています。輸入製品の『モールテックス』を始めとしたコテ等で塗り付けるモルタル系の製品や、コンクリート・モルタルの上にローラーで塗るコンクリートステイン塗料や防塵塗料があります。今回はこれらのカラーモルタル風仕上材のメリット・デメリットや実際の製品のご紹介します。
前提の知識としまして、モルタルの構成材料は砂・セメント・水です。比較的薄塗りの材料のため、仕上げ材や下地調整材として使用されます。通常モルタルは構成材料の色合いを受けてグレーや白色で仕上がりますが、着色されたモルタルはそれらとは一線を画した雰囲気・空間を演出できます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンクリートの劣化は補修で解決!症状別の補修方法を解説(再編集)

ビルやマンションなどの建物は、強い構造でつくられているため非常に優れた耐久性を有していますが、長く使うためにもメンテナンスは欠かせません。特にコンクリートの劣化が進行すると建物寿命に大きく影響することから、症状を見きわめながら適切に補修していくことが重要です。コンクリートが劣化するといくつかの特徴的な症状が現れますが、緊急性のないものや逆に深刻なものもあります。それぞれの症状に合わせて適切に補修をすることで、建物の長寿命化が図れるのです。
今回は、コンクリートの主な劣化症状と、それらに適した補修方法をくわしく解説します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塗床(ぬりゆか)とは? 無機系塗床の種類や特長を徹底解説

前回では塗床全般と合成樹脂系塗床について解説しましたが、今回は無機系塗床について種類や特長を解説していきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塗床(ぬりゆか)とは? 合成樹脂系塗床の種類や特長を徹底解説

建築業界における床材は多々あります。戸建て、集合住宅、店舗、公共施設や内部、外部等の要素の違いにより、床材の種類を適切に選択しなけれなりません。
塗床(ぬりゆか)は、厨房・工場・マンション共用廊下等の床に幅広く使用されている床材です。そんな塗床にはどのような種類や特長があるのでしょうか。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「乾式工法」と「湿式工法」の違いとは?特徴や仕上げ方法は?

住宅の建築工事においては、さまざまな工法が用いられます。

「乾式工法」や「湿式工法」などもそのひとつですが、これらは内装や外装、そして水回りなどあらゆる場所で使われている方法になります。

しかし、この2つの工法が、具体的にどのような工法なのかよくわからない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、建築工事で使われる「乾式工法」と「湿式工法」について、その特徴やおもな仕上げ方法などをご紹介したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内装仕上げの「塗り壁」とは?種類やクロスとの比較を徹底解説

家づくりにおいて、内装の壁仕上げといえばクロスが主流となっています。

一方で、機能性の高さと特有の風合いから、日本建築の伝統の技術といえる「塗り壁」が再び注目を集めています。

では、「塗り壁」とは具体的にどのような仕上げをいうのでしょうか?

また、内装仕上げの主流であるクロスとはどのような違いがあるのでしょうか?

そこで今回は、「塗り壁」とはどのような仕上げなのか、そしてその種類やクロスとの比較についてなど徹底解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

捨てコンクリートとはなに?役割や通常のコンクリートとの違いを徹底解説

建築物をつくるときには、必ず基礎が必要です。

そして基礎工事は、まず地面を掘る工事「根切り」を行い、そこへ「捨てコンクリート」を施工するケースが多く見られます。

「捨てコンクリート」は、「捨て」るだけあって建物の強度に影響することはありません。

しかし、設置するには理由があります。

それはおもに、基礎工事を円滑に、そして正確に進めるうえで必要となる重要な役割があるためです。

では、具体的に「捨てコンクリート」はどのような役割があるのでしょうか?

また、重要な構造に使う通常のコンクリートとどのような点で異なるのでしょうか?

そこで今回は、「捨てコンクリート」が持つ重要な役割や、通常のコンクリートとの違いについて徹底解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑中コンクリートとは?ひび割れリスクへの対策とは?

気温が上昇する季節のコンクリート打設工事は、強い日射の影響を受けひび割れなどのリスクがともなうため十分な注意が必要です。

そして、この暑い時期に施工されるコンクリートのことを一般的に「暑中コンクリート」と呼びます。

「暑中コンクリート」は、品質の低下を防ぐためにも、製造や施工に際して適切な処置をとらなければなりません。

そこで今回は、「暑中コンクリート」とは具体的にどのようなものをいうのか、またひび割れなどのリスクを防ぐための対策などについて解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加