【砂壁リフォーム】適切な方法とタイミングを徹底解説

古くから脈々と受け継がれてきた日本の伝統的な内装仕上げの方法として「塗り壁」があります。

「塗り壁」は、私たちの身の回りにある天然素材を使っていることもあり、健康的な暮らしに寄与する素材として広く見直されています。

また「塗り壁」にはいくつかの種類がありますが、なかでも仕上がりの美しさが特長でもある「砂壁」は人気の仕上げ方法のひとつです。

しかし「砂壁」は、経年とともに劣化するため、適切な方法で、そして適切なタイミングでリフォームすることが重要になります。

そこで今回は、内装仕上げの「砂壁」のリフォームについて、適切な方法とタイミングを徹底解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プライマーとはなに?種類や特長を徹底解説

塗装工事や防水工事など、建築工事で頻繁に登場するもののひとつに「プライマー」があります。

あらゆる建築工事において仕上げの品質を高めるには、適切に下地処理を行うことがきわめて重要なテーマとなります。

そして、その下地処理で重要な役割を担っているのが「プライマー」です。

しかし、「プライマー」にはいくつかの種類があり、またそれぞれ特長も異なるため、シーンによって使い分ける必要があります。

そこで今回は、建築工事における下地処理で重要な役割を担う「プライマー」とはどのようなものなのか、また種類や特長について徹底解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンクリートの「打ち継ぎ」とは?「打ち重ね」との違いや注意点を解説

強い建物をつくるうえでコンクリートは欠かせません。

しかし、適正な方法で施工しなくては、期待する強度を発揮できない可能性があります。

そして「打ち継ぎ」も同様であり、正しい施工を行わなければ、不具合を起こし、強度低下につながることがあるのです。

しかし、「打ち継ぎ」とはどのようなものなのか、よくわからない人も多いのではないでしょうか?

とくに、混同されやすい「打ち重ね」とは考え方が大きく異なるため、その点でも注意が必要です。

そこで今回は、コンクリートの「打ち継ぎ」とは何なのか、また「打ち重ね」との違いや施工上の注意点について解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボロボロの土蔵(どぞう)を浸透プライマーWでガッチリ!

日本の伝統的な建築様式の土蔵(どぞう)

古くは米穀や酒の保管庫として、また現代はトラディショナルな外観を活かし、飲食店舗としても多く利用されています。

そんな土蔵は、性能として防火、防湿には優れるものの、素材が基本的に土です。

それがゆえに長年風雨にさらされ、朽ち果ててしまっている建物もまた多く見られます。

今回は、そんな貴重な土蔵をガッチリ浸透プライマーWで修理した工事方法を紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ひび割れ補修】代表的な工法「注入工法」と「充填工法」を徹底解説

コンクリート構造物などでひび割れが生じると、状況に応じて適切な補修が必要となります。

とくに危険なひび割れを放置すると、劣化を早め、寿命を縮めてしまう原因となるため注意が必要です。

ひび割れの補修には、いくつかの方法がありますが、なかでも代表的なものといえば「注入工法」と「充填工法」になります。

これらは、いずれもひび割れ補修の方法として有効であり、おもにひび割れの規模によって使い分けられることが一般的です。

そこで今回は、ひび割れ補修の代表的な工法である「注入工法」と「充填工法」について、その内容や手順などを徹底解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「防水モルタル」とはなに?特徴や「モルタル防水」との違いを解説

建築材料のモルタルには、「ポリマーセメントモルタル」や「樹脂モルタル」など多くの種類があり、シーンによって使い分けることが可能です。

「防水モルタル」もそれらのひとつで、その名の通り防水機能を有するモルタルのことをいいます。

とはいえ、建築物にとって水分は面倒な存在となるケースも多いだけに、「防水モルタル」はどの程度の防水性が期待できるのでしょうか?

また、「防水モルタル」と混同されやすいものとして「モルタル防水」がありますが、これらは別のものとして捉える必要があります。

そこで今回は、モルタルの種類のひとつ「防水モルタル」のおもな特徴や「モルタル防水」との違いについて解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レイタンスとはなに?リスクや処理方法を解説

コンクリート打設工事において、品質に影響する現象として挙げられる一つに「レイタンス」があります。

「レイタンス」とは、コンクリートを打設した後、上面に堆積してできる脆弱な薄膜のことです。

「レイタンス」は、強度のない表層膜なので、コンクリート打ち継ぎを行うと、後でひび割れてくるなど不具合を起こす可能性があ多大にあります。

そのため「レイタンス」には何らかの処理が必要とされています。

しかし、「レイタンス」について具体的にどのようなものなのか、どのような処理を行えばよいのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「レイタンス」について、そして放置するリスクや処理方法などをに解説します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗い出し仕上げとはなに?種類や施工方法を徹底解説

伝統的な左官仕上げの方法のひとつに「洗い出し」があります。

「洗い出し」は、和のテイストを感じられるデザインが非常に美しく、玄関アプローチや土間などの仕上げとしてよく使われる手法です。

また、近年では、上品なものやカラフルなものなどアレンジして楽しむことも可能となっており、ますますニーズが高まっています。

そこで今回は、「洗い出し」仕上げとはどのようなものなのか、その種類や施工方法などを徹底解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「乾式工法」と「湿式工法」の違いとは?特徴や仕上げ方法は?

住宅の建築工事においては、さまざまな工法が用いられます。

「乾式工法」や「湿式工法」などもそのひとつですが、これらは内装や外装、そして水回りなどあらゆる場所で使われている方法になります。

しかし、この2つの工法が、具体的にどのような工法なのかよくわからない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、建築工事で使われる「乾式工法」と「湿式工法」について、その特徴やおもな仕上げ方法などをご紹介したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨材とはなに?その種類と重要な役割を徹底解説

モルタルやコンクリートなどを構成する材料に砂や砂利などがありますが、これらを一般的に「骨材」と呼びます。

しかし、「骨材」とは具体的にどのようなものを指していうのか、よくわからない人も多いのではないでしょうか?

また、モルタルやコンクリートに「骨材」を混合しているのは、どのような理由があるのでしょうか?

そこで今回は、モルタルやコンクリートなどに使用される「骨材」について、その種類と重要な役割を徹底解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加