バサモルタルとは?モルタルとの違いやつくり方を徹底解説

床面のタイル仕上げや石材仕上げなどの工事を行うとき、下地づくりに欠かせないのは「バサモルタル」です。

しかし、具体的に「バサモルタル」とはどういうものなのかよくわからない人も多いのではないでしょうか?

また、一般的によく使われるモルタルとはどう違うのでしょうか?

そこで今回は、「バサモルタル」とは具体的にどのようなものなのか、またどのようにしてつくるのかなど徹底解説したいと思います。

バサモルタルとはなに?

バサモルタルとは、水を少なく配合したモルタルのことをいい、「バサモル」「バサバサモルタル」と呼ばれることもあります。

そもそもモルタルとは、セメントに砂と水を加え練り混ぜたものをいい、モルタルといえば「セメントモルタル」のことを指していうことが一般的です。

そしてバサモルタルは、通常のモルタルよりも水を減らし「バサバサ」した状態で使用することから、このように呼ばれるようになったといわれています。

ちなみにセメントに砂のみ混ぜ合わせたものは「空練りモルタル」、セメントに水のみ混ぜ合わせたものを「セメントペースト」といいます。

通常のモルタルとの違いとは

バサモルタルと通常のモルタルとの最大の違いは、水分比率です。

バサモルタルは、手で握ったときにある程度の形が残るくらいの硬さがおもな目安となります。

床面でタイル仕上げをする場合は、その下地に通常のモルタルではなくバサモルタルを使うことが一般的です。

これは、通常のモルタルの特徴でもある比較的ひび割れが生じやすいという点が理由のひとつとなります。

タイル仕上げの下地がひび割れると、その影響を受けて表面に現れるケースが多くあり、この症状を防ぐ意味でバサモルタルが使われているわけです。

モルタルのひび割れはさまざまな原因で生じますが、水分比率が高いということもそのひとつとなります。

モルタルは水分が多いため、硬化する過程で乾燥とともに収縮が起こり、表面にひび割れが生じやすくなります。

一方、バサモルタルは、水分比率を低く配合していることから、ひび割れが起こりにくい安定した下地をつくれます。

バサモルタルは高い水平精度が出せる

バサモルタルは、高い水平精度が比較的簡単に出せることも特徴となります。

下地に凹凸があると、仕上げ材の裏側に隙間が生じるため、とくにタイルなど薄い材料は歩行したり重量の大きなものを置いたりすると、割れの原因となります。

バサモルタルで水平精度の高い下地をつくることで、仕上げの施工がしやすくなり、完成品質の向上にも寄与するのです。

バサモルタルのつくり方

バサモルタルのつくり方は、配合が重要です。

一般的にセメント1:砂3~5の割合とし、水を少なくしてバサバサとした状態にします。

水の量の目安は、少しずつ加水して練り混ぜ、手で握ったときに団子状の形に残る程度の硬さになるよう調節します。

おもな施工手順

床タイル仕上げの場合であれば、通常はコンクリート下地に施工することが多くなります。

コンクリート下地は、仕上げの高さから仕上げ材と下地(バサモルタル)の厚さ分だけ低く、荒打ちでつくられます。

施工前には、コンクリート表面にレイタンスなど脆弱な部分が生じているか確認し、必要に応じて取り除くなど下地処理をすることも重要です。

その後、コンクリート下地の上にバサモルタルを敷き、定規などを使って水平に均します。

そして、バサモルタルが未硬化の状態であれば、その上にセメントペーストを流し込み、仕上げ材を張り付けることが一般的です。

バサモルタルの硬化が進んでいる場合は、セメントペーストではなく既調合の張り付け用モルタルを使用して施工するケースもあります。

最後に目地材を充填すると完成です。

ドライアウト現象に注意

コンクリート下地の上にバサモルタルを施工する際は、ドライアウト現象が起こらないようにすることも重要です。

ドライアウト現象とは、セメントの硬化不良による不具合のことをいいます。

既存のコンクリートにモルタルを施工すると、モルタルの水分が既存のコンクリートに吸収され水和反応が阻害されて正常な凝結ができなくなります。

その結果、接着不良が起こり浮きなどの症状につながるわけです。

なお、水和反応とは、セメントと水が化学反応を起こし硬化することをいいます。

またドライアウト現象を防止する方法には、モルタル施工前にコンクリート下地へ散水することや、「モルタル接着増強剤」を塗布することなどが挙げられます。

まとめ

バサモルタルは、おもに床面のタイル仕上げや石材仕上げを行うとき、きわめて精度が高く安定した下地づくりができる材料です。

通常のモルタルも汎用性が高く優れた材料ですが、ひび割れが生じやすい点では注意が必要となります。

下地づくりは仕上がり品質を左右する重要な工程であるため、その重要性を無視して施工を進めると、完成した後にさまざまな問題が発生する可能性が高くなります。

つまり、下地工事はとくに注力して取り組むことが重要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【床下地調整】セルフレベリング工法とは?特徴や注意点を徹底解説!

床仕上げをする前には、必ず下地調整を行う必要があります。

下地調整の出来栄えは、そのまま完成品質を左右するなど、非常に重要なポイントとなる工程です。

床下調整にはモルタルや土間コンクリートなど、いくつかの種類がありますが、なかでもよく使われるものに「セルフレベリング工法」があります。

「セルフレベリング工法」とは、その名の通り下地面に流し込むことで自らの流動性により水平な状態をつくれるという方法です。

仕上げ工事をやりやすくするうえで非常に優れた方法になりますが、その一方で注意しておきたい点もあります。

そこで今回は、床の下地調整で効果を発揮する「セルフレベリング工法」について、その特徴や注意点を徹底解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【建設業の熱中症対策】現場で起こる熱中症を予防するには?

気温が高くなる季節において、建設業で増加する労働災害といえば「熱中症」です。

また「熱中症」は、誰にでも起こる可能性があり、場合によっては命に関わることもあるリスクの高い症状です。

とくに建設業は、左官業を含め外部で行う作業も多く、他の産業と比較して重大災害にいたるケースも少なくありません。

よって、身を守るためにも、知識を付けて万全の対策を講じる必要があるのです。

そこで今回は、気温が高くなる季節における建設業のリスクである「熱中症」の対策について徹底解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁のひび割れはDIYできる?注意点や方法を解説

外壁にできたひび割れはとても目立つので、すぐにでも補修したいですよね。

軽度のひび割れであればDIYすることもできますが、いくつか注意点があります。

そこで今回は、自分でDIYできるひび割れの種類と方法、注意点を説明します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄筋のかぶり不足によるタイル落下。原因と対策について解説

築年数が経っている建物は、タイルの一部分が剥落していることがありますよね。タイルが剥落してしまう原因には、以下の4つが考えられます。

  • 地震や暴風雨などの自然災害
  • 建物の経年劣化
  • 施工不良
  • 鉄筋のかぶり厚さ不足

今回は、鉄筋のかぶり厚さ不足によるタイルの剥落について詳しく説明します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手すりの腐食によるコンクリート、タイルの落下。サビ対策

築年数が経っているマンションのベランダ部分のコンクリートやタイルが、部分的に剥落しているのを見たことはありませんか?剥落の原因として考えられるのが「埋め込み金属の腐食」です。

ベランダに設置している手すりの金物の腐食によって、コンクリートやタイルが剥落してしまうのです。今回は、埋め込み金物の腐食によるコンクリートとタイルのひび割れ原因や、対策についてお伝えします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁にヒビ割れを見つけたら?補修が必要になる深刻なヒビ割れの見分け方

家の外壁部分にヒビ割れを見つけたとき、「見栄えの問題だし」と、ヒビ割れを放置しておくと、住宅内部に深刻なダメージを与えてしまうことも…ヒビ割れを見つけたときには、どのように対応するのが正しいのでしょうか。

今回は、外壁にできたヒビ割れの種類と原因、深刻度についてお伝えします。自宅にできたヒビ割れがどの種類にあたるのか解説します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗菌・抗ウィルス機能を発揮する自然素材「漆喰」の魅力

新型コロナウィルスの世界的な流行により、私たちの生活スタイルは大きな変化を余儀なくされました。

そのことにともない、多くの人の関心を集めているのは「抗菌・抗ウィルス」という機能ではないでしょうか?

そもそも「抗菌・抗ウィルス」とは、細菌の増殖を抑えたり、またウィルスの不活性化を図ったりすることをいいます。

そして、日本建築において伝統的に使われてきた「漆喰」も「抗菌・抗ウィルス」機能を有しているとして注目されている自然素材です。

そこで今回は、「漆喰」の魅力のひとつである「抗菌・抗ウィルス」機能について、深掘りしてみたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

室内の漆喰壁の手入れ方法とメンテナンスについて

耐用年数がとても長く、「100年は持つ」と言われている漆喰壁ですが、長持ちさせるためには日々の手入れやメンテナンスが必要不可欠です。

漆喰は基本的にはメンテナンスフリーの素材。しかし、手垢や食べ物汚れは生活を送るうえで避けることはできません。また、ヒビ割れや剥がれがあるときにも、メンテナンスが必要です。

今回は、室内の漆喰壁の手入れ方法やメンテナンスについて紹介します。

室内の漆喰壁の手入れ方法について

室内の壁はどんなに気をつけていても、手垢や擦り汚れ、食べ物の汚れなどがついてしまいます。壁をキレイに保つためには、汚れに気がついたときに小まめに掃除をすることが大切です。

ここでは、汚れの種類別に手入れ方法を紹介します。

手垢や擦り汚れなどなどは消しゴムで簡単に落とせる

手垢や擦り汚れなどの比較的軽い汚れは、消しゴムを使えば簡単に落とすことができます。消しゴムを使っても落ちないときには、メラミンスポンジを軽く水で濡らして擦ってみましょう。

「表面が削れるかも」と心配になるかもしれませんが、漆喰は塗壁なのでメラミンスポンジで削っても漆喰自体が剥がれることはありません。

ただし、漆喰全体が色あせている場合、削った部分だけが白く目立ってしまうので、周りの色あせ具合を確認しながら使用してください。

食べ物や飲み物の頑固なシミにはサンドペーパーを使う

漆喰には調湿性があるため、食べ物や飲み物などの水分を吸収して汚れが内部に染み込んでしまいます。そのため表面を擦った程度では落ちないので、サンドペーパーを使って表面を削り取りましょう。

サンドペーパーは「150〜300番」の間の目が細かいものがおすすめです。表面を削るときには、力の入れすぎや削りすぎに要注意!削りすぎてしまうと漆喰の表面が凹んだり、周辺の色と差が出てしまいます。

削るときには、表面が凹んでいないか様子をみながら少しずつ削りましょう。

なかなか落ちない汚れには重曹と漂白剤の合わせ技が効果的

メラミンスポンジやサンドペーパーを使っても落とせない頑固な汚れは、重曹と漂白剤を使って落としましょう。以下の手順で汚れを落としていきます。

1. 重曹を水で溶いてペースト状にする。重曹ペーストを汚れの部分に塗って乾かす。
2. 乾いた重曹をヘラを使って削ぎ落とす。
3. 重曹がついていた部分に漂白剤を吹きかけて漂白する。
4. しばらく経ってから水を吹きかけて漂白剤を薄めれば完了。

この4工程で頑固な汚れもキレイに落とすことができます。漂白剤が床につくと床が色落ちしてしまうので、周辺を養生してから作業をしてください。

漆喰はアルカリ性です!酸性洗剤を使うと壁を傷めてしまうので、絶対に使わないでください。

 

室内の漆喰壁のメンテナンスについて

漆喰にヒビ割れや剥がれを見つけたときには、メンテナンスが必要です。ここでは、症状別にメンテナンス方法を確認していきましょう。

ヒビ割れをしていたら隙間を埋めて部分補修

木造住宅では冬の寒い時期や乾燥する時期、木材が収縮したり乾燥したりして家が軋み、壁にヒビ割れができることがあります。この現象はクラック(割れ)と呼ばれ、とくに無垢材を使用した住宅で起こることが多いです。

漆喰壁にヒビ割れができたときには、ヒビが入っている部分を漆喰ペーストで埋めて部分補修をします。

漆喰粉はホームセンターで購入できます。補修方法を見てみましょう。

1. 指を水で濡らし、濡れた指に漆喰粉をつける。
2. ヒビ割れている部分に粉をすり込む。
3. ヒビ割れに対して平行に指を動かし、少しずつ隙間を埋めていく。
4. ここまでの工程をヒビが目立たなくなるまで繰り返す。

 

ペースト状の漆喰があれば、ペーストを塗り込んで補修することもできます。

大きなヒビ割れや剥がれがあるときには塗り替えが必要

先ほど紹介した部分補修で塞ぎきれないような大きなヒビや、壁に剥がれがみられるときには、表面の漆喰を剥がしてからの塗り替えが必要です。

DIYすることも可能ですが、下地調整や周辺の養生などにとても手間がかかるので、できれば左官業者に依頼してください。工期は2〜4日はみておきましょう。

既存の漆喰の上から新たに漆喰を塗る場合、費用相場は「3,000〜3,500円/m²」程度ですが、これに施工費用が別途追加されます。施工費用は業者によってさまざまなので、見積依頼時に確認しておきましょう。

また、漆喰から壁紙(クロス)にリフォームすることも可能です。下地をボードや板などを使って平にしてから、壁紙を張ります。費用相場は選ぶ壁紙の種類によっても上下しますが、だいたい「1,000〜1,500円/m²」ほどです。

工期も1〜2日と、漆喰よりもやや短くなります。

漆喰は手入れやメンテナンスをすれば長持ちする素材

室内壁は、どんなに気をつけていても汚れてしまうものです。白く美しいまま維持するためには、小まめな掃除が大切です。また、木造住宅の場合はヒビ割れや剥がれが起こってしまうこともあります。

ヒビ割れや剥がれを見つけたときには、すぐに補修をしてください。部分補修をしきれない大きな傷は塗り替えメンテナンスになるので、できれば左官職人に依頼してください。

漆喰壁は適切な手入れやメンテナンスを行えば、100年使用できる素材です。この記事を参考にして、漆喰壁を長持ちさせてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑中コンクリートとは?ひび割れリスクへの対策とは?

気温が上昇する季節のコンクリート打設工事は、強い日射の影響を受けひび割れなどのリスクがともなうため十分な注意が必要です。

そして、この暑い時期に施工されるコンクリートのことを一般的に「暑中コンクリート」と呼びます。

「暑中コンクリート」は、品質の低下を防ぐためにも、製造や施工に際して適切な処置をとらなければなりません。

そこで今回は、「暑中コンクリート」とは具体的にどのようなものをいうのか、またひび割れなどのリスクを防ぐための対策などについて解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加