左官

【外壁塗り壁】ジョリパット仕上げのメンテナンス方法

住宅の外壁仕上げといえばサイディングが主流となっていますが、「塗り壁」という選択肢も有効です。

「塗り壁」には、土塗りや漆喰、モルタルなどいくつかの種類があり、なかでも「ジョリパット」は非常に人気が高く、多くの住宅で見られます。

しかし「ジョリパット」も、他の仕上げ方法と同様、経年とともに劣化するため、長く良好な状態を保つには適切にメンテナンスを行わなければなりません。

そこで今回は、外壁塗り壁のなかでも人気の高い「ジョリパット」仕上げのメンテナンス方法について解説します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【砂壁のカビ】発生する原因や対処法とは?

日本家屋の伝統的な仕上げ方法でもある砂壁は、近年では少なくなってきたとはいえ、未だ多くの住宅で見られる人気の塗り壁です。

天然の素材を用いていることから、空気環境を整える効果も期待できるなど、非常に魅力の多い建材といえます。

しかし砂壁は、経年劣化や住環境の影響によりトラブルが発生することもあり、そのひとつとして挙げられるのが「カビ」です。

砂壁に生じる「カビ」は、見た目の印象が悪いことはもちろん、暮らす人の健康にも影響を与えることもあるため、適切に対処しなくてはなりません。

そこで今回は、砂壁の「カビ」について、発生する原因と効果的な対処法などを解説していきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「左官塗りとパテ塗り」 2つの違いについてわかりやすく解説

左官塗りとパテ塗り、どちらもコテを使って作業をしますが、どんな違いがあるかご存知ですか?

「左官塗り」とは、コテを使ってモルタルや漆喰などの塗壁材を壁塗りすることです。壁塗りをする前には、「パテ塗り」をして下地処理や傷を補修します。

つまり、どちらも左官工事に含まれている作業です。

少し混乱しがちな2つの作業。今回は、左官塗りとパテ塗りについて詳しく説明し、左官塗りとパテ塗りの使い分けについても説明していきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の左官を学ぶ【韓国編】韓流から見える日本の左官の可能性

私たちがたずさわる日本の左官。

世界の左官を学ぶことで日本の左官の未来へのヒントを学ぶシリーズ。

今回は、お隣り韓国の左官事情をまとめました。

韓流ドラマや韓流アイドルなど、エンターテイメント先進国の韓国。

韓流ブームで日本との関係も深い韓国ですが、左官の仕事は日本とどのような違いがあるのでしょうか。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

左官職人なら取得しておきたい!左官技能士の資格の取り方

左官職人としてキャリアアップを目指したいとき、取得しておきたいのが「左官技能士」の資格です。資格を取得しておけば、施主からの信頼度が高くなったり現場の責任者に抜擢されたりするなど、多くのメリットがあります。

今回は、左官職人なら取っておきたい資格「左官技能士」の資格の取り方を解説します。

左官職人としてキャリアアップを目指している方、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加